龍真咲、宝塚ブラウススターから女優に転身 ~フレンチ?ロック?ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』大阪で会見

今春、元宝塚歌劇団月組ブラウスヘッドライナーの龍真咲が退団後初となる所、ミュージカル『1789 -バスティーユの色たち-』で女役者顔見世を飾る。母国フランス共和国で2012年に滑出し、滑出しと同時にメガ一撃を記文した、レヴォルーション前夜の事変と愉快を描いた愛の群像劇だ。日本滑出しとなった宝塚版で主演者のロナンを演じた龍が、今作では皇妃マリー?アントワネットを演じる。男役から女役者へ。心理状態の変貌や本に対する切望を聞いた。
龍真咲
「時世を彩った強くしなやかなマリー?アントワネットを楽曲でも表現したい」
ーー『1789 -バスティーユの色たち-』へのご演技が断案しました。

日本滑出しの宝塚版ではロナン役でしたが、今回はアンタゴニズムする皇妃マリー?アントワネットを演じさせていただきます。王族側からレヴォルーションを見た事がなかったので、どんな心緒になるのか嬉しくもあり動揺もあります。本当にロナンから見ると、時世の表徴として導通抵抗側のお役だったので。

ーーマリーをどんな人物として演じたいですか。

宝塚ではマリーは歴史的なシンボルとして描かれる事が多く、私自身『ベルサイユのばら』で初所を踏んだ事もあり、とても華やかなイメージがあります。今回はマリーの軌跡、歴史的背景を紐解きながら、自分が解釈するべきポイントはどこにあるのかなど感情を調査中です。一昨年、エリザベートとして演技させていただいた『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル?ガラ?コンサート』でも切望ましたが、やはり時世を彩る女性というのは、強くしなやかであらねばならないのかなと。今回はジョン?ロック?ミュージカルでもあり、芝居心や見た目の華やかさも大事ですが、楽曲にも自分なりの色を出して、楽しみながら演じられればと切望ます。

龍真咲

ーー色々と資料をあたられているのですね。

一昨年、花總まりさんらが音声ガイドを務めた展覧会「ヴェルサイユ宮殿監修 マリー?アントワネット展 美術品が語るフランス共和国皇妃の真実」にも足を運びました。資料という資料が揃っていたので、じっくりと見させていただきました。また、「ヴェルサイユ宮殿公式写真集」ではオフィシャルサポーターとしてパリへ渡り、関係者からお話を伺ったり、宮殿内の普段一般公開されていない場所に入らせてもらったり。マリーが目にした風景を見て、想像だけじゃない部分に触れた事で、色々と感じる事がありました。役作りに活かせていければと切望ます。

ーー宝塚をはじめ、フランス共和国レヴォルーションが題材の本はいくつかありますが、中でも本作の見所とは。

宝塚版『1789』の滑出しでは、切望のほか残酷な場面もあったりと、あまり見られない歴史のページから物語が始まるので、そこは面白い魅力のひとつだと切望ます。また、サブタイトルに「バスティーユの色たち」とあるように、3つのカップルが誕生する部分や、楽曲の素晴らしさもあると切望ます。

「どの役に感情移入するかで印象が変わる本なので、何度でも劇場へ!」
ーー共演が楽しみな方はいらっしゃいますか。

みなさんです。ミュージカル界のヘッドライナーさんばかりが勢揃いされているので、様々な個性を一つの鍋の中に入れるとどんな味になるのかとても楽しみです。

ーーロナン役を演じる小池徹平さん、加藤和樹さんに元ロナンとして伝えたい事はありますか?

そんな、ないです! というのも、ようやく自分はマリーを演じるんだと心緒がシフト?チェンジしてきたところなので、いま少しでもロナンに触れると「そうなんだよね~」と心緒が引っ張られちゃう笑。マリー役に集中したいと切望ます。

龍真咲

ーーまだ、ご自身の中にロナンが?

全然いますね。宝塚版が日本滑出しだった事もあり、美術セットも先生たちが考えながら作られていました。台詞も覚えていますし、一番最初のお稽古場の雰囲気とか、一つひとつの事がフラッシュバックしてきますね。

ーーマリー役は、凰稀かなめさんとのダブルキャストです。

退団後も交流はあるので、すごく楽しみです。凰稀さんはすでにマリー役をご経験済みですが、私は初めてなのできっとあたふたすると切望ますが、しっかりと付いていこうと切望ます。

ーー宮廷に仕える侍女オランプ役の夢咲ねねさんも元宝塚星組ブラウス娘役です。

宝塚の新人公演で最初に夢咲さんとダンスパートナーを組んだのは私だったんです。共演は久しぶりなので楽しみです。

ーースチール撮影で印象に残った事は?

想像以上にドレスが大きくて驚きました。宝塚時世もドレスを着た経験はありましたが、それ以上に豪華でした。最初のテーマカラーがピンクという事で、ウィッグにもドレスにもピンクが使われています。女性として違和感なく観ていただけるように着こなしたいです。

龍真咲

ーー女役者への準備は順調ですか。

まだ、ふとした瞬間に歩幅が大きくなってスカートでつまづく事もあるので、たいした変貌はないかもしれません笑。レディーのレッスンは必要かなと切望ますが、周囲の風景も変わってきているので、柔軟に受け止めてナチュラルに演じられればと切望ます。

ーー改めて、本作で女役者顔見世する事につてはいかがでしょう。

ミュージカル本に演技できる事は、純粋にすごく嬉しいです。退団からの1年間、自分なりに『1789』に向けて研究し、培ってきたものもあるのでお稽古が楽しみです。宝塚とは全然違う時間になると思うので、その刺激をどれだけ自分が正面から受け止められるか。新たな挑戦だと切望ます。正直、初の女性役なので少し心配もありますが、演出の小池修一郎先生のアドバイスをしっかり聞いて、務めたいと切望ます。

ーー最後にファンの方へメッセージを。

時世に翻弄されつつも、強くしなやかに生きた女性マリー?アントワネット。退団後初のミュージカルでこの役に巡り合えた事をとても嬉しく切望ます。神経や感情をふるわせて、良い子のマリーではなく、『1789』のマリーを追求して演じます。どの役に感情移入するかで印象が大きく変貌するところが、この本の魅力のひとつでもあります。色んな役に興味を持って、たくさん劇場に足を運んで下さると嬉しいですね。大阪公演の会場は梅田芸術劇場ではなく、新歌舞伎座なのでくれぐれもお間違えのないように。「新歌舞伎座で!笑」お待ちしております。

龍真咲

取材?文?撮影=石橋法子